残像に落ちない口紅を


生まれてはじめていわゆるデパコスのカウンターを体験したのが12月。それから短い期間に何度か訪れて、いまではわりと慣れてきた。おきなわだからでしょうか。トキオの美容部員さんはやっぱり怖いのでしょうか…ちなみに、女子たちのあいだで彼女らのことをBA(=ビューティーアドバイザー)と略するらしいのだけど、いまだにババアと読んでしまう私を殴ればいいと思う

プチプラしか手に取らなかったり、あるいはまったくすっぴんで1年すごしたこともあったりした私。何かの拍子にコスメを研究対象にしたので、口コミを読みまくったり情報に流されたり躍起になったり冷静になったりしています。研究してるときってやっぱり楽しいよねえ。

プチプラとデパコスの最大の違いは、価格ゆえに購入の際の心意気の本気度でしょう。なんとはなしに買うことなんてないんですよ。プチプラ売り場のレジとちがって、デパコスはブランドごとに会計する=否が応でも専門スタッフと会話が発生するから。しかもほとんどの場合、丁寧にお試しさせてくれるだけでなく、フルメイクをやってくれちゃったりする。
実際に体験するまではその会話やメイクしてもらうことが億劫そうにみえたし、場違いだと決めつけていましたが、いまではこんな安心するシステムないよね???と思うようになりました。あと単純にメイクしてもらうの楽しい!カウンターってこんなに楽しかったんだということがわかったのが何よりの収穫です。

しかしそんな中で、いまいち納得いくのがみつからないのが、「落ちないリップ」。

なんど「リップ 落ちない」で検索したでしょうか?色黒で唇の色があんまりよくないので、鮮やかな色を塗っていたい私。でもカップにつく。飲み物飲むのが大好きなのでほんとにすぐなくなる。リップライナーを引いて、リップを塗って、ティッシュオフのちティッシュのうえからパウダーをはたけば落ちない…というティップスを見つけたけれど、リップにそこまで工程をかけなきゃいけないのは絶望でしかないよね!

口コミで色持ちの評判が特にいいのはマキアージュやコフレドール。でもなぜか、レブロンとかのプチプラは簡単に買えるのに、その辺のOL御用達ラインに手が出せないのですね。あんまりうきうきしないんだよね。不思議である。コスメってウキウキするかって要素がわりと重要だったりするよね。

そんなわけで落ちないリップジブシーだった私の目に止まったのがシュウウエムラのラックシュプリア。
あまり落ちないリップランキングなどに出てこないからぜんぜんわかんなかった。お値段もマキアージュとほぼ同じとあれば、こっちをとるにきまってるよね!とカウンターに走りました。

ピンク系とベージュ系とオレンジを試させてもらって、色の美しさに感動。
とくにベージュとオレンジはドンピシャの色だったので(やっぱ私は黄色い肌なのね…)、悩みに悩んで今回はオレンジに。
肝心の色持ちは…というと
発色の良さ以上に感動。いやこれは、感激!
飲食後もふつうに色が残っていて、涙出そうになりました。定着するのを待てば、カップに色もつきにくいし。そうそうそういうのを探していたんだよ!と興奮です。本当に探せばあるんですね!匂いが強いのも気にしない(笑)。しっかり保湿をがんばれば乾燥も許容範囲です。

デパコス、やっぱり強いな…て思わされました。強いです。闇雲にプチプラ買って悩むより、BAさんにしっかり相談して、お店でがっつり試して、本当に必要なものを買うほうが結局は安上がりなんじゃないかと思いました。ちょっと本気で感激したので、4月あたりにベージュか他の色もげっとしようと企んでいます。いやまじで、とってもいい日になったよ。


プチプラ迷走の軌跡。
ロレアルのゴールドリップとケイトのCCオイルは素晴らしいです。セザンヌ・キスミーフェルムも工夫すれば色持ちします。
やっぱりブラウンやオレンジがだいすきである。