意志のための死は辛いか - 『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』

第二次世界大戦中、ナチスの重要な軍需工業地帯だったチェコ。そこを統治していたラインハルト・ハイドリヒはナチスNo.3の実力者で、秘密警察の長官も務めユダヤ人虐殺計画の主な遂行者だった。イギリス政府・チェコ亡命政府の要請によりチェコ・スロバキアレジスタンスが彼の暗殺を企てる。それが映画の舞台の「エンスラポイド(類人猿)作戦」。

当時のチェコはドイツに編入された領土となっていて、ハイドリヒが統治してからは反ドイツ的な組織が次々と摘発されていったらしい。
力ずくで支配されたチェコでの生活はどんなものだっただろう。はむかうようなそぶりも見せてはいけない、息の詰まる毎日を、どんな思いで過ごしたのだろう。ナチスにまつわる映画は毎年たくさん撮られるけれど、見るたびに本当に様々な人々が様々なかたちで影響を受けているのだと気づく。

また、戦争というのは人間が「ふりきれちゃった」行為なんだなというのもわかる。日々を生きるうえで私は毎日「ふりきれない」ように注意する。キレすぎてもいけないし、わがまますぎてもいけない。周りとの関係性を持続させながら、普通の人として生きる。普通の人に共通する感覚のひとつに「死にたくない」があるとおもう。
戦争という非常事態はそれを簡単に壊す。暗殺遂行の前、ジェイミー扮するヤン・クビシュは、どうにかしてこれからしなきゃいけない任務について直面しないようにふるまう。死に怯えたり、早急に結婚の約束をしたり。 いつもその辺の恐怖感を追体験するのがほんとうにしんどい。ぶっちゃけ、暗殺遂行後に覚悟を決めて自決する時点では、みんなもう振り切れた側の人間になっているので、きっとそんなに怖くないんじゃないかと思っている。捕虜になり拷問にかけられることより、ぜったい自分で死んだ方がマシだもんね。自分で終わらせられるというのはその状況では救いなのだ。だから一番しんどいのは、恐怖がずっと続くんじゃないか?と思わされるような状況にいるときだ。覚悟を決める前の遂行者しかり、この件で拷問にかけられた協力者しかり。そして統治下で悶々としながら働くチェコ人たちも。
ナチスチェコの街を軍人で包囲したときのビジュアルがその終わらない恐怖の象徴という感じがした。

そもそも「ふりきらなきゃいけない」状況自体が恐ろしいのだけどね。

監督のショーン・エリスさんは元々ファッションフォトグラファーをしていたそうで、どこを切り取っても美しい絵画になりうるショットばかりだった。色味を極端に抑えた街並みとキリアン、ジェイミーの2人が最高にマッチしていて、ていうかこのイケメン2人を並べるのはずるい。中でもキリアンはこれまでの映画の中でも特に美しい作品だろうなあ。ダンケルクでずぶ濡れになっていたけれど、今回も水の方からキリアンに会いに来て(?)見事にずぶ濡れになっていた。水とキリアンは相思相愛である(確信)。


映画を通してキリアンとジェイミーが仲良くなったみたいで、もっともっと共演してくれーと願っていますよ