まさかの洋画沼


すべてはダンケルクが原因だった

テレビの前にじっと座るのが苦手で映画はめったに観ない…はずなのに最近たくさん観るようになりました。
諸悪の根源(褒めている)はクリストファー・ノーラン監督のダンケルクです。初めて観に行ったときに私の中でなにかがスパークし、沼へとDIVE TO BLUEしたのでした。

ではダンケルクの何がトリガーだったのか。
ダンケルクという題材
戦争史についてはまったく知らないもののダンケルクの撤退は知っていた。これまた大好きな映画「つぐない」でも出てくるからです。映画よりも大好きなマキューアンの「贖罪」は確か高3あたりで読んだはずで、「イギリスが好き!」をアイデンティティにしようとしていた10代の私にとって大切な作品なのです。それにダンケルクを扱う映画ってそんなに無いので、久しぶりにその映画があるよって聞いたときはワクワクしたものです。そのあとにノーラン監督ってわかった。震えるしかなかったんだ。

・キリアンマーフィーが好き
10代のアイデンティティ確立のため、イギリス映画を観よう!と思ってさいしょにみたのが「オン・エッジ 19歳のカルテ」。その主役がキリアンでした。確かその映画はスマパンの1979がメインソングで、おしゃれでしたね。正確にはアイルランド映画だけどアメリカじゃない!ってのが重要だったのだ。それで最初にみたものを親と思い込むヒナのように私はキリアンを追いかけよう!と思ったわけですが、そのあと特に映画好きになるでもなく、ノーランのインセプションで思い出すのです。そのあとまた映画に冷めて、時は流れてこのダンケルクで戻って来たんです。

こうやってかいてみて、イギリス・ダンケルク・キリアンマーフィーのほかにノーランも原因の構成要素だということがわかりました。
インセプションも、その後のインターステラーも、ダンケルクも背景を勉強したくなるようにつくってくれますね。あと今回ではじめてIMAXが何なのかが分かったんですけど、沖縄にIMAXの映画館ないんですね。でも今回偶然が重なり東京に行く用事があって、そこでダンケルクIMAXを体験して、打ちのめされたのであります。えいがたのしいなって純粋に思えたんですね。

ので最近は観たやつ含めいろいろみています。ネットフリックスにも入ってしまった。
有名どころでみてないものもたくさんあるから、熱があるうちに観てしまおうと目論んでいます。たとえばパルプフィクションとか……