読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治とかいう、大変そうなやつ。

book

官房長官と口喧嘩をしたらこてんぱんにやられてしまうだろうなとよく考える。どんどん激昂する私、永遠に冷静な長官、ついに手が出そうになる私、そんな醜い私を長官は鼻で笑って虫ケラを見るような目で見て……と容易に想像できるのですね。

というわけで菅さんについて興味がわいてきたので、彼の名前で検索して出て来たこの本を読んでみました。読み放題対象だった…有難いことです。
中身を開くと菅官房長官は序盤に危機管理を褒められたあとほぼ出てこなくなりますが、歴代の官房長官の仕事ぶりがわかるうえに、佐藤栄作あたりから現在の安倍政権までの流れが掴める、大変面白い本でした。

著者が政治担当記者として接することの多かった野中広務さん、後藤田正晴さんがメインの扱いを受けています。お二方とも人柄がよさそうに書かれているのは、著者が世話になったからというのもあると思うけど、後藤田さんは宴会が嫌いでさっさと家に帰って勉強していた…というエピソードがあって、それだけで好きになるには十分でした。あと、「政治はカネ、という風潮だけは許せない」と語っていたという、根回しが器用に出来ない福田赳夫さん。ほのぼのします。

最近好きな作家さんなどがよく言うのですが、つくづく政治って「不満を分配する」ことなんだなと思います。国民、国、外国、官僚、所属する党などあらゆる要素から検討をして、混乱に陥らないための落とし所を見つける。卒業式で国歌斉唱と国旗掲揚を法律で決めたこととか、当時の社会党がそれまで反発しあっていた自民党と連立したこととか、そういう流れで苦肉の策だったんだなと。いつも国民はただ不満をぶつけるけど、政策というものはそもそも不満なものである、ということなんでしょう。圧倒的に正しい決定なんて有り得ないんだなあ。その決定を支えるマネジメントを官房長官は一手に担うわけだけど、水面下でどれだけ動き回っているのかと考えるだけでしんどいです。ぜったいやりたくない(笑)。

沖縄にいるとどうしても自民党の政策は聞き入れたく無いことばかりなので感情に邪魔されがちだから、こうして自民党の人たちについてフラットに知ることができてよかったです。でも、ちょっと前までは戦後復興を目的に政党内で一丸となれたけど、戦争の記憶が薄れる中、今の内閣がどう組織されているのか、と考えてみたらけっこう大変なことになってません?(笑)後藤田さんは中曽根総理と基本考えが合わなかったらしいけど、そういう反対意見を取り入れながら議論できる政府であって欲しいと思います。

あと2.26事件が何だったのかがやっと覚えられて嬉しいです。やっぱり学校の歴史の授業スタイルじゃあ何も入ってこないよなあー。それと官僚と政治家の違いも明確にわかってなかった……恥ずかしい限り…