読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ かわいすぎか。

2回目を見終えてきました。映画にさほど興味ないのに、2回も観てしまった。それくらい惹きつける映画ですね。ドキドキがとまりません。

シン・ゴジラ最大の魅力は最初にゴジラが顔出しするシーンです。ゴジラの形態はこんなものだろうと決めかかって観ている人の度肝を完全に抜くお姿が、怖すぎるし気味が悪い。「得体が知れない」ってこんなに恐ろしいのか!と思わせてくれるほどに怖い。怖いんだけど思い出すたび「かわいかったな…」と悶える造形なのであります。2回目も最高にキモかわいかったです。ぐもぐもしたちゃんとしてない体の運び方もよいのです。

笑ってるようにみえるから、ハイハイが楽しくて仕方ない赤ちゃんのようでもある。気持ち悪いのにラブリー。

そしてそのシーンで、ゴジラの気持ち悪さと同じくらい良い効果を出しているのが音楽!顔出しする少し前から流れる、不安を掻き立てる音に続いてバンっと正面の姿が出てきた瞬間、ほんとにのけぞったもの。私の中ではここが作品の肝です。はやすぎるけど(笑)ここはたまらないです。這うように歩く姿がもののけ姫の祟り神っぽいなあと思ってみたり。放射能を撒き散らすのも、祟り神の通った場所が腐るのと似ていますなあ。いや、東京を火の海にしてしまうからデイダラボッチか?

もののけ姫ぽい、といえば主人公・谷口のよき仲間である政調会長みたいな役の、コネいっぱいの政治家の口調がとてもジブリっぽいんだよね。政治家って言葉遣いをしていて、なおかつ熟語を多用するので、聞いているとだんだんジブリに出てくる「古のキャラ」に思えてくる。その影響で谷口がどんどんアシタカ様に見えてくるという……。

ゴジラは神の化身だから動きも優雅。ゴジラの動きを演じたのは狂言師野村萬斎さん。こんなに品の良いゴジラ初めてです…!でも実はしずしず歩く姿が、まるで慣れないウェディングドレスを着て、重たそうにえっちらおっちら歩く花嫁みたいだなと思ってました(笑)。そりゃゴジラも地上歩くの慣れてないもんねえ。

あと私は解体現場が好きなので、そういう建設現場とかで活躍するようなめっちゃでっかい重機が元気に活躍するシーンに萌えましたね…。あの米国製の、タイヤがすごくでかいやつ。あの長い長いクレーン。電車も元気いっぱいでした。働く車はかっこいいなあ! 車両も飛行機も人間も、みんなが自分の専門領域でコツコツ仕事をやる、大人のかっこよさが詰まった映画だと思います。最初のもたつきながら従来通りの対処法で済ませようとしていた官僚が、もう最後はすべきことと信じることをただやるのみ!みたいに真っ直ぐに動く気持ちよさ。「危機は日本をも成長させるようだ」という言葉がグッときました。

2回観てもまたすぐあのキモゴジラに会いたくなる私はDVD出たら買った方がいいんだろうな。待ち受けにしたいんだけど…