国家ができるまで ー 『英仏百年戦争』

英仏百年戦争 (集英社新書)
佐藤 賢一
集英社
売り上げランキング: 19,028

言語を学ぶならその国の成り立ちも知りたい!というわけで読んでみました。
実は、百年戦争って名前しか覚えていなかった。それも幼少期に愛読していたクイズ本にこの名称を問う問題があったからです。高校の世界史の授業は何も覚えていないのに……。ちなみにその本には百年戦争後に英国で勃発する「薔薇戦争」の問題もあったっけ。詰め込んでいただけの知識に、ようやく内容理解が追いつきました。
読んでびっくり。英仏双方がいがみあってついつい100年間も戦争してしまった、という話と思っていたんですけど、二国がそれぞれ「国家」の意識を獲得し、今日のイギリス・フランスのかたちになってゆく期間だったらしいのだ。

百年戦争と呼ばれる一連の紛争が始まる前をまとめると
・フランス:フランス国王はいるけれど、周りに国王と同等、あるいはそれ以上の領土を持つフランス人貴族が点在。いざ戦争となるとフランス軍として集うものの、国王にとって領主たちは外様なので、国の利益より各々の領土が最優先されていた。ほぼ外国同士というところ。
・イギリス(イングランド):ノルマンコンクエストにより、アングロサクソン人をフランス人が征服(戦争開始当時はプランタジネット朝)。統治者はフランス、庶民はアングロサクソン、の構図に。英語を学んでいて「家畜の名詞(カウ、ピッグとか)は英語だけど食肉になるとビーフ、ポークとフランス語由来になる。高級な方はフランス語」というのを読んだことがあるけど、そのルーツはここにあったようです。

どちらも統治者はフランス人。なので戦争の理由もフランス人同士の主権争いでしかありませんでした。登場人物たちは全員フランス語を話していたので、まだ「イングランド人」と呼べる人もいなかった。 そこから長い戦いで一進一退を繰り返します。賢い王が税金システムを生み出して軍資金を調達したり、パリがイングランド軍の領土になったり、和平交渉が何度も決裂したり。そしていつしか、フランス人同士が戦っていた戦争が、「イングランド対フランス」の征服戦争に変化していったんですね。イングランド王ではじめてフランス語がうまく喋れないヘンリー5世が出てきたあたりがイングランド人の誕生の瞬間でしょう。フランスは税金という領主たちと違うシステムで資金繰りをしていく中で国家としてまとまり、イングランドはフランスと自分たちを対応させることでナショナリズムを想起させる。どんどん二国が別々の国に変わっていく様子は面白かったです。フランスの勝利で幕を閉じた百年戦争の後はどちらも国を一つにまとめることに興味が移っているしね。

というわけで、この戦争の真の意味がよく伝わる本でした。面白かった〜。たまに挟まれる著者のシェイクスピアへの強烈なdisもイイ味出してます!

Les chansones pour l'apprentisage le française!

なかなかフランス語の文章がつくれません。圧倒的に単語不足なのはもちろんとして、まだまだ(いいたいこと)→(フランス語をあてはめる)の回路ができないのですねえ。
あとはàとかdeあたりのルールがあやふや。英語のinやtoやofと似てそうなのに、英語の前置詞よりはるかに自由気ままな感じなのである。
先は長い。ふう。まあゆっくり進みましょう。

というわけで歌である。語学学習に歌は必須なのです。音楽だいすきだし。そんなわけでapple musicを駆使してかあいいフレンチポップを探しました。

Brigitte - Coeur de Chewing-Gum (en acoustique)
曲がかわいーーーーー!!!のはもちろんですが、これとっても発音学習によさそう。
繰り返しが多いとことか(終盤のles garçons sont trop beaux)、最後にゆっくりverのサビになるところとか、 あと歌詞が世の中の男の子たちをつらつら上げてるんですけど(笑)、そこでunとuneが何度も何度も出てくるので、聞き分けとか発音の練習になるのです。 最初からsi j'avais~って条件法の構文ですし。
我ながらよい教材を発見しましたよ! この歌ほど男の子拝んでないですけど!

Carla Bruni - Mon Raymond
曲もカーラブルーニもかわいすぎるーーーー!!
ファーストレディーでこんなにかわいい歌うたってるなんてフランスは卑怯です。しかも歌手活動はファーストレディーであっても続けていたという……。改めてカーラの経歴をみてみると、モデル(すっごい稼ぐ)→いろんな人ととっかえひっかえ恋愛→歌手になる(普通にうまい)→大統領の妻になる
とチャレンジしたものはすべて勝利を勝ち取るというか、頂点に立ってしまうんですね。そのきらびやかな経歴ゆえに、そこばかりクローズされて語られがちなカーラですが、ほんとに曲のレベルがどれも高くてすごく好きです。

とりあえずはこの2曲を練習して、アンニュイな女になるぞおー

発音めもめも


Opposition deux douze の発音の違い 投稿者 dvince1974

deux euros(2ユーロ)と douze euros(12ユーロ)の違いがまったくわからない!と思ったらなんて素敵な動画でしょう。
当てずっぽうで選んでも楽しいし真面目に聞くともっと楽しい。deuxの方が母音の長さが短め、かつeに寄っているような…?
ちょっと分かった!と思っても次の問題で間違えたり。
ていうか聞き取れたとしても自分で言えなきゃ意味ないのだよなあ。

そもそもheures(〜時の複数形)とeurosの聞き間違いすら多くなりそう。スペイン語をかじっていただけあって、スペルから単語が想像しやすいけれど、耳と目の情報の一致が難しいですね、やはり。
でも本当に楽しい! 黒田龍之助さんの外国語の本を読み漁っているので、外国語学習モード全開である。
毎日12と2の練習しましょう!

フランス語はじめました

J'ai toujours mal á la tête!(つねに頭痛があります)
読めない言語を何かかじりたいなと思ってフランス語をいきなりはじめています。

はじめて2週間以上経ちました、昨日までわからないところをほっておきながら進めていたので霧の中にいるかんじだったのだけど、きょうじっくり向き合ってみて(主に動詞の活用なんだけど)ようやくわかってきたよ〜

テキストは何冊か買っちゃう病で3冊くらいあるんですがw主に「フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!」を使用。実は他の本を買ったあとに買い足したものだったりする。本屋で嫌に目立つ奇妙なタイトルにひかれてめくってみたらすっっごいわかりやすかったんですね。
追加で購入するのを渋って、すでに買ったものをやり終えてからにしようかと考えたのだけど、きっとこれが一番やり遂げやすい!と思って購入。とりあえず今はこれ一本に絞っています。
他の本とくらべて知りたい情報が一番手っ取り早くわかるんですね。項目の順番がよいです。

同時進行でアプリも活用。よい時代!


ゲーム感覚でどんどん進んでゆける語学学習アプリ。こんなに楽しくてためになるのにタダなんて!!!「英語でフランス語を学ぶモード」でやっています。でもこれだけだと基礎が全然出来上がらないのに進んでゆくから不安になります(笑)。あとたまに音声がおかしいね、それでも素敵ですが。

そして動詞の活用のチェックはこれ

動詞の活用を打ち込みまくるだけのシンプルなやつ。初期の詰め込み期にはこういう繰り返しが必要ですな。

きょうは初めてフランス語の本にも挑戦。フランス語学習者向けにかかれためっっちゃくちゃ易しい本です。
フランスのストーリー, 初心者用, Le Pendentif: フランス語‐日本語の辞書付き短編小説, オーディオ付き (MP3)
kindleで303円なのにmp3もついてくるなんて…!ちなみに私はフラ語−英語版をかいました。なんだろう、やっぱり英語のほうが近いからなるべく日本語を介さず理解したいんだよねえ。内容はほんとに簡易!で、重要な語句はパラグラフの下に訳がのっている優れもの。そしてkindleなので、知らない単語を選択すればGoogle翻訳さんが意味を教えてくれるので、辞書入らずでけっこういけます。でもそろそろ辞書欲しいな。。

英語とスペイン語の知識が微妙にあるのでそこからフランス語に変換するのがちょっと大変。employeeをエンプロイーってよんじゃあかんのです。ようやくnouveauをヌーヴォーって読めるようになってきました。たのしい!

またもや

死に至る病…!」と呻くレベルの偏頭痛に襲われた。目からくるやつ。吐き気を伴ってやってくる頭痛に気力を奪われていく様は、まさに「自滅」という言葉がふさわしい。
そのような偏頭痛のときには必ずあくびがでる。酸素が脳にいってないかんじ。ザ・血行不良である。
もちろんこんな状態では頭痛薬が効果を発揮するのは難しいので、呻きながらなんとか寝てやり過ごすのだけど、今だいぶ良くなったので足湯をして足もみをしています。

足もみの効果にはずっと注目していて、1年前は通っていたりした。最近はなぜか遠のいてしまっているのだけど…。うう、手軽にいけるならいきたい。お気に入りのお店がちょっと遠いのです。行くのはいいんだけど、いつもほんとに痛くて揉みほぐされまくって、ちょっと体調的にはぐったりきちゃうんだよね。そうすると帰るときがきついという…。
しかし生理痛(血行不良なので当たり前に激しく重い)のときに足の反射区を触ってみたらほんとうに痛いんです。夜中にあまりにお腹が痛くて起きたとき、1時間くらい必死に足揉んだら軽減したし。最近それをまた実感して、ご無沙汰になっていた足もみ、やっぱり日常的にやらなきゃいけないなと思いました。

足の甲の痛み
足の甲、痛いなと検索して見つけたページ。うん、よくないそうです(笑)

そういえばお店で足揉んでもらってるとき、「こんなにふくらはぎが硬かったら毎日しんどいでしょう」と同情されたっけなあ。頭の反射区である親指もつねにパンパンだしなあ…(笑)
ちょっくら本をかって、真剣に続けてみましょうか。

髪の毛事情


さいきんのヘアケア周りです。パッケージの絵を描くの楽しい!

シャンプー、コンディショナーはアミノレスキューを使っていたけど、その後ロレアルの泡立てないタイプが気になってダブル使い。ラクレムラヴォンだけだとフケっぽくなっちゃうことがあるので、急いでるときはそれ一本、それ以外はアミノレスキュー→ラクレムラヴォンってかんじ。ダブル使いしたときはコンディショナーしません。
そしてこれ描いてる間にシャンプーが無くなったので、今度はハチカをお試し。私はアミノレスキューよりハチカのが合ってるみたい。洗った直後にきしまないのがよろしい!

そしてアウトバストリートメントもロレアル。ロレアルのオイル系めちゃくちゃいっぱい商品があるのだけど、まあ口コミに流されましたね……。好評の匂いだけど私にはスイカの匂いにしか感じられない…(笑)でも仕上がりはとてもよいです。

最後に、これで髪の毛の悩みのほとんどを解決してるのがナノケアドライヤー。こいつは最強である。ヘアビューロンもちらりと考えたけど、高いし科学的根拠の点で怪しい説明があり踏み切れず、新商品でたタイミングでこちらを。これもお値段けっこうしますけど、うーん、ぜんっぜん違うね!!ジムに行った時は備え付けのドライヤーを使うけど、それがとってもイヤになってしまった…。

というかんじのヘアケア事情。いまけっこう満足しているかも。

さて今でこそこんなアイテムをつかうけれど、去年の一年間は石鹸シャンプーにはまっていたりする。
去年の石鹸シャンプーについてのブログ.

成分が限りなくナチュラルであればぜったいに悪くないだろう、と思っていたのだ。それまでは確かアジエンスを使って、そのあとりんごのシャンプー「アップリノ」を使ったかな。絶えず頭頂部がキシキシする感じがあって、あとこの時書いてるけど、本当にパサつきが酷かった。美容室にいくたび「もっとケアがんばっていきましょうね〜」て言われていた。

そして石鹸シャンプーに出会う。きっかけはお顔の肌質改善の方法をネットで探し回っていたときに、無添加石鹸での洗顔→ホホバオイルやシアバターだけでケア、という無添加志向に興味を持ったことだった。「化粧水は肌の表面をふやかしているだけで、内側の乾燥を守ってはいない」…とか書かれていた。なので無駄なものをつけないで本当の肌を強くしていきましょう!みたいな。もちろんそういう人たちはシャンプーも石鹸でやるのである。リンスはクエン酸をお湯に溶かすのである。

私もその考えに同意し早速実践した。最初は無添加の極み、オリーブ石鹸である。かなり明るく髪を染めたあとだったけど、伸びてきても染め直すことはせず、がっつりプリンで我慢。髪なんて誰も気にしないだろう!と開き直って、その一年はずっとひっつめていた。石鹸シャンプー、最初はよいのかなーと思っていたけど、だんだんフケ気味が続いてきて、あと普通のシャンプーを使ったときみたいにサラッサラでまとまる状態がどうしても作れなかった。一年はがんばってみたんだけどね。んで、前にブログに書いたように、「女の運命は〜」を読んで「あ、もう石鹸シャンプーやめよう」と決意したのでした。

おそらく細い髪質のひとになら石鹸シャンプーは合うのかもしれないし、硬水だったのがいけなかったかもしれない。理屈の面では石鹸シャンプーの考え方は正しいといまでも思っています。でも、ちょっといいシャンプーとコンディショナーを使ったとき、アジエンスや石鹸シャンプーでは得られなかった指通りやツヤがそこにあって、ああもう戻れないなーと確信しました。。

8月にまえのヘアカラーが残っていたパサパサの毛先部分を切り落としたので、今の髪質は私史上最高である。もっともっとツヤが出るようにヘアケアがんばろう。白髪の悩みは残っていたりするんだけど。

おうつくしい人


鈴木えみさん。

ちょうど彼女がセブンティーンの女王だった時代に私も購読しておりました。あの時も最強…と思ったけれど、時が経ってギャルからモード系にシフトした彼女はさらに強くてよいです。私服がどんどん現代音楽かってくらいよくわかんなくなっていきますが、突き抜けたほうがかっこいい。
女優に方向転換しそうなときにそれをしなかった、という選択が私は嬉しい。よく思うんだけど、この世のものとは思えないほど美しい人たちの居場所、というか一番お金が稼げる場所が「女優」しかないって一体何なんでしょう。ほんらい演じることと器量の良さは別々のファクターであって、綺麗な人が演技をしがちな現状は「綺麗な人をみていたい」という観客の心理からくるものが大きいと思うのですね。なので「綺麗」は「俳優」の十分条件ではない、となると、もっと美をいかしたお金の稼ぎ方がうまいことないものかな…と思うのであります。あ、俳優は「歌手」にも変更が可能ですね。アイドルが歌を歌うのも美のまっとうな活かし方じゃないなあと感じてしまいます。

とゆわけでえみちぃがモデルメインでバリバリやってるのがかっこいいのです。彼女が子供の顔にスタンプを貼って、素顔を見せずに写真をあげるのも良い配慮!

ところでセブンティーン読んでいたころは徳澤直子ちゃんが大好きでした。今は看護のお勉強してるっぽいですねえ。えみちぃのインスタをみているとたまにあのころのメンバーが集まるので熱いです。